危険な「放課後デイ」送迎サービス…障害児へのわいせつ行為横行

2021/11/4  読売新聞より
読売新聞の全国調査では、放課後デイで2016~20年度に少なくとも職員25人が、39人の子供にわいせつ行為をした疑いのあることが明らかになっている。
障害のある子供が利用する「放課後等デイサービス(放課後デイ)」で職員による子供へのわいせつ行為が相次いでおり、車での送迎中にわいせつ行為に及ぶ手口が横行していることがわかった。自力での通所が難しい障害児に欠かせない送迎サービスが、悪用されている形だ。

⬇︎続きはリンク先をご覧ください。

職員による事件が絶えません。
とても残念なことですが自衛措置が求められます。
デイを選ぶ際、送迎の添乗が配置されているのか、同性介助の原則が守られているのか、スタッフの配置や管理体制の確認が必要だと思います。