ぶーけでは小さな輪である特性を生かし、個別支援、小集団支援を積極的に行い、一人ひとりに合ったプログラムを丁寧に柔軟に行なっています。
「つまずき」に気づく
誰にでも得意なことや苦手なことがあります。
どうしてできないのか?何がわからないのか?
自分もまわりも気がつかないところでつまずいているとしたら?
行動を細分化することでつまずきを明確にし、その課題の前後の行動や環境を整え、小さな成功体験をスモールステップで積み上げることで達成感を満たし、こども自身の自己肯定感を養います。
「社会的自立」を目指して
将来像を意識した逆算の支援を。
将来像を意識するのに早すぎるということはありません。
「今何をすべきか」を考えることにより、目の前の一歩の先に「道」が繋がります。
「女性」としての自立
女の子から女性へ。
身だしなみや振る舞いのルール、身体の変化への準備はできていますか
ぶーけは女の子にフォーカスを当てた独自の支援をご用意しています。
一日の流れ
送迎車にて学校からぶーけに到着
支度・自由遊び
個別支援・小集団支援
おやつ
帰りの支度
終わりの会
送迎車にて帰宅
個別支援
お子様一人ひとりに合ったプログラムをマンツーマンで丁寧に指導します。
プログラムの内容については、保護者様との面談の上、支援計画に基づき決定していきます。
小集団支援
学校でも、家庭でもない小集団という環境を生かし、遊び(SST)の中から自然と社会性、協調性を養います。